OUR STORY
01

心地よくて、あたたかい。 Vlas Blommeのウィンターリネン。

冬でもあたたかくて心地よいVlas Blommeのウィンターリネン。2018年AWの新作では、LINEN SHELL、Comfy Tweed、BARLEY×LINENが登場。冬にリネン100%の暖かいアウターを着る、新しいモードの幕開けです。

使い込んだリネンは、とろりと溶けるような質感となり、リネンシーツに身を包んで眠ると、冬でも驚くほどに暖かいといいます。そんな気持ち良さを、洋服でも……。それが、Vlas Blommeのウィンターリネンの第一歩となりました。強さと繊細さを併せ持つ上質な素材と、コシが強いリネンを織りあげる高い技術が一つになった時、「リネンを冬に着る」という全く新しいモードが立ち上がる。今まで経験したことのない冬のおしゃれがウィンターリネンから始まります。

真冬でもリネン100%。
中わたに包み込まれる温かさ。

〜LINEN SHELL〜

「できれば、いつも自然素材100%の服を選びたいけれど、真冬はね……。」「防寒のためには、仕方がないよね……。」そんなため息を吹き飛ばしてくれるのが、「リネンシェル」のコートやジャケットです。表も裏もリネン100%。なのに暖かいのは、空気をたっぷり含む中わた素材を入れたから。外は寒いのに室内や電車の中はムッとした暑さ。そんな時にもリネンはすっと熱を逃がしてくれ、体温調節がしやすいのもいいところです。

フロントのステッチが
すっきりとした印象に。

コートもジャケットも、フロントにステッチが入っているので、縦のラインが強調され、暖かいのにすっきり。ボタンをあえて隠したミニマルなデザインは、マフラーやブローチなどの小物をプラスして、自分仕様に着こなすことができます。冬にリネン100%の暖かいアウターを着る。その選択が、新しいおしゃれの扉を開けてくれそうです。

リネン糸に異素材をプラスして、
新たな機能と着心地を。

〜BARLEY×LINEN〜

ウール、モヘヤ、アルパカ、リネン。異素材をミックスすることも、Vlas Blommeのウィンターリネンのもう一つの姿です。それは、まさに自然界のハイブリッド。たとえばアルパカは、しなやかで柔らかく、肌に心地よい素材です。反面伸びやすく、洋服に使うと型崩れしやすい……。そこにコシのあるリネンを混ぜることで、形をしっかり保ちつつ、アルパカ本来の着心地のよさも生かすことができます。

たっぷりとしたサイズ感の
コクーンシルエット。

コクーンシルエットのワンピースやセーターはたっぷりとしたサイズ感。引き揃える糸の色に微妙な濃淡をつけているので、表情に陰影が生まれ、ありそうでない素材感が魅力です。どちらも、リネン混なので、「きれいに整いすぎない」ところが個性に。ざっくりと崩して着ているのに、素材が上質だからこそ、大人のおしゃれが楽しめます。

シェットランドタイプのウールに光沢のあるスーパーキッドモヘヤとぬめり感のあるファインアルパカをブレンドし、リネンの糸と引き揃えました。リネンと組み合わせることで、ダレやすいアルパカの形状をしっかり保ち、重たくなりがちなシェットランドウールには、編みの密度を緩くして軽やかさをプラスする。リネンの強度がサポート役となって、それぞれの素材を引き立てます。

ツイードの生真面目さを
ラフに変換してジャケットに。

〜Comfy Tweed〜

一枚でバサっと着るだけでサマになる。冬のアウターは、そんな気ままさ、素朴さと共に着こなしたい……。英国紳士的なイメージを持つツイードも、メリノウールにリネンをミックスすることで、手つむぎ風の風合いが生まれました。

このコートは、ウールの柔らかさがプラスされ、包み込まれているような安心感で着られる一着。ショールカラーで胸元がV字に空くので、インナーで表情を変え、着こなす楽しみも。オフホワイトは、リネンのフラックス色とウール原毛色で素材そのものの色。暗い色合いが多くなる冬のコーディネートに自然な明るさをプラスしてくれます。

どこか懐かしさを感じさせる、
手つむぎ風の表情。

どこか懐かしさを感じさせるリネンウールのツイード生地です。深いネイビーも、ツイードならではの凹凸感で軽やかに。ラフさと上品さ。相反するものが一つになり着こなす人に寄り添ってくれます。固くて重たくて……というイメージのあるツイードですが、リネンをミックスすることで、より軽やかに、よりカジュアルに仕上げました。

メリノウールにリネンをミックスする際、あえて甘めに織ります。それを洗うことで、ウールが縮んでギュッと内側に入り込み、縮まないリネンにぶつかることで凹凸が生まれます。これが手つむぎ風の表情を生み出す所以。既存のツイードのイメージを覆す、Vlas Blommeらしい、冬のアイテムが実現しました。

この冬、ウィンターリネンで
新たな暮らし方を手に入れる。

Vlas Blommeが秋冬リネンの開発をはじめてから10年。この冬、そのウィンターリネンに新しい価値観が加わります。リネンならではのナチュラルな素材感に、シェルに包み込まれたような暖かさ、しなやかで柔らかい着心地をプラスし、いよいよ本格的な冬のリネンスタイルが始まります。

もし、あなたのワードローブにウィンターリネンが1着加わったら、今年の冬の日々は、どう変わるでしょうか? 冬にリネンを着る。それは、ただ新しい服を選ぶという意味だけでなく、新たな暮らし方、生き方を手にいれることなのです。

(TEXT:NORIKO ICHIDA、EDIT:HITOSHI MATSUO、PHOTO:KOZUE HANADA)

ーこの記事でご紹介したアイテムは以下のリンクからご購入いただけます。

Comfy Tweed ケープコート