OUR STORY
03

リネン産業で栄えた街、コルトレイク。

歴史建築が残る美しい街、コルトレイク。リネン産業で栄えた街のリネンミュージアムを訪ねた。

歴史的な建築が残る、
美しい街の風景。

ベルギー北西部、西フランドル(フランダース)地方にあるコルトレイクは、人口約7,5000人の小さな街です。12世紀に自治都市となり、その後、繊維産業の街として発展しました。

市街には歴史的な建築も多く残っていて、ゴシック様式の市庁舎や、世界遺産にもなっているグロートマルクト広場の鐘楼、ベギン女子修道院などに訪れると、当時の趣きを感じることができます。

リネンの魅力を五感で体験できる、
リネンミュージアム「テクスチュール」。

2014年にオープンしたリネンミュージアム「テクスチュール」の外観。

コルトレイク市の中心部にはレイエ川が流れていて、リネン産業に欠かせない役割を担ってきました。このレイエ川沿いに、リネンミュージアム「テクスチュール」がオープンしたのは2014年のこと。1982年に「ヴラスミュージアム」として公開された施設が、リネンにまつわるストーリーを五感で体感できる博物館へとリニューアルしました。

正面入り口の前にはリネンの原料であるフラックスが植えられていて、畑にいるような感覚を体験できます。そして館内に入ると、フラックスの植生がわかる資料やリネン製品ができるまでの工程、コルトレイクにおけるリネン産業の歴史などが展示されています。

フラックスの繊維に触れたり顕微鏡で細胞を見ることで、リネンを身近に感じることができますし、機械化される前に使われていた木製器具の実物展示や、当時の人々が働く姿を写した写真からは、リネン産業の時代の流れを学ぶことができます。また、リネンを使ったレース作品や、現在作られているさまざまなリネン製品も展示されていて、デザインの視点からもリネンの魅力を楽しむことができます。

2012年まで公開されていた、
蝋人形によるリネン製作の展示。

「テクスチュール」の前身である「ヴラスミュージアム」では、リネンの歴史家であるベール・デヴェルデが18年の歳月を費やして集めた、年代もののフラックス栽培の道具や衣類、書籍、生活雑貨などが展示されていました。フラックスを栽培してリネンの糸にするまでの全行程を、蝋人形を配置しながらシーンごとに詳しく解説しているのが特徴でした。例えば、大きな櫛を使ってフラックスの種をとる作業シーン、収穫したフラックスを紡いで糸にする作業シーンというように。糸にする作業は、冬の間、主に女性によって行われていたことなども伝わってきます。リニューアルとともに蝋人形の展示は終わってしまいましたが、こちらも当時のことを知るうえで素晴らしい展示でした。

レイエ川沿いには14世紀に建てられた2棟のブローエル塔が建っていて、街のシンボルになっていますが、「テクスチュール」もまた、リネンの街、コルトレイクのシンボルになっていくことでしょう。

「テクスチュール/フラックス産業とレイエ川ミュージアム」
Address:Noordstraat 28 / 8500 Kortrijk
Tel :+32(0)56277470
http://www.texturekortrijk.be