NEWS
2020.06.05 UPDATE |

ファンに愛され続ける、ヴラスブラムの定番ベスト5

シーズンごとに新しいデザインやカラーにチャレンジするのも楽しいですが、日々のコーディネートの幅を広げてくれるのは、ちょっと気の利いたベーシックアイテム。長く愛用する定番に求められるのは、肌触りや着心地はもちろん、シンプルだけど無難になりすぎないこと、そして、1枚で着ても合わせてもスタイリングが決まること。お客さまやスタッフに愛され続ける、ヴラスブラムの人気定番5アイテムをご紹介します。

01_カジュアル×女性らしさ。
フリルカラーカットソー。

ヴラスブラムでは2018年に初めて登場したフリルカラーのカットソー。オーガニックコットンとコルトレイクリネンをブレンドした着心地のいい素材のため、ファンになってくださるお客さまも多いシリーズです。シーズンを重ねるごとに、長袖、半袖、タンクトップとバリエーションも増えてきました。

フリルカラーというと織生地のブラウスの衿についているイメージですよね。こちらはカットソー生地で肌あたりも柔らかく、フリル部分と袖口や裾は裁ち切り仕様になっているので、重ね着してもかさばりません。また、フリルのデザインでもカジュアルさと女性らしさが程よいバランスに見える素材なのも、ご好評いただけている理由です。

カラーは、ホワイト、グレー、ネイビーの合せやすい定番の3色に、シーズンで新色が加わることも。カラーで印象が違ってくるので、私も色違いで揃えて愛用しています。中でも、夏はホワイトの出番が多く、衿だけちらっと見せるスタイリングもおすすめです。グレーとネイビーは甘さを控えてくれるのでシックなコーディネートに合わせています。

02_もう他のものは着られない。
薄手リネン100%のカットソー。

「このタンクトップでひと夏過ごすと、もう他のものは着られない」とおっしゃるお客様も多いKL Light タンクトップ。色違いで毎年数枚ずつプラスしてくださっている方など、リピーターも多い人気アイテム。コットン生地にはない通気性の良さと、リネンの概念を覆されるような肌触りの良さが魅力です。

汗をかく季節にもべたつかず、さらっとしていて、むしろインナーとして1枚着ている方が心地よかったりするアイテムです。

そして、とても重宝するのが、年中着まわせる長袖Tシャツ。袖を折り返してももたつきが少ないので、七分袖としても活躍。夏に着られる長袖といったところでしょうか。

定番色の中でも落ち着いた赤系のバーガンディは、一見手を出しづらいカラーかもしれませんが、グレーや黒、フラックスなどとも意外と合わせやすいカラーで、いつものスタイリングに変化をもたらしてくれますよ。普段ベーシックカラーが多い方に、ぜひお試しいただきたい1色です。

03_1枚でも、重ね着にも。
頼れるレイヤードワンピース。

リネンのワンピースを1枚でさらりと着こなしたいけれど、透けが気になること、ありませんか? レギンスを穿くのも億劫なこれからの季節には、こちらのレイヤードワンピースがあれば安心。透けを気にせずにワンピースを楽しむことができます。

レイヤードワンピースは、リネンとコットンの2つの素材でお作りしています。リネンは、さらっとした肌触りで少しハリ感と透け感があり、涼しげな印象。コットンは柔らかな雰囲気で、合わせるワンピースに馴染みやすいのが特徴です。

着丈のサイズ展開もあるので、どのタイプのコーディネートにも対応しやすくなっています。サイズ1(103cm)は、ヴラスブラムで発売しているワンピースより短い着丈で、インナーをみせたくない場合に。サイズ2(120cm)は、重ねて裾から見えても自然なレイヤードスタイルを演出できます。好みの着丈でレイヤードを楽しんでみてください。

サイドに切り替えを入れた立体的なパターンなので、着用時に身体に沿いすぎず、裾にかけて広がりのある綺麗なラインが生まれます。そのため、メインの1枚としても心強いアイテムです。

04_デザインとラクさが人気。
進化を遂げたペンギンパンツ。

ヴラスブラムの定番ボトムの中でも特に高い人気を誇るのが、ペンギンパンツ。初代のペンギンパンツは2008年に発売されました。それから改良を重ね、着用がよりラクになるようにウエストにゴムヒモを通し、すっきりとみえるシルエットにして、今のデザインへと進化を遂げてきました。裾から約30cmのところに股がくるユニークなデザインで、スタッフにも人気が高く、お揃いになることも多いアイテムなんです。

アコヤ貝の貝殻を染料にした「ヴィンテージホワイト」は、少しグレーがかったような独特のカラーで、コーディネートの色合わせでも浮かずに馴染みやすいホワイトです。

スミで染めた「チャコール」は、ブラックほど濃くはないので、優しい色味との相性も良く、柔らかな雰囲気でスタイリングが決まります。

05_男性からの支持も高い。
ゆったりチュニックシャツ。

こちらのゆったりチュニックが初めて登場したのは2010年。前年にデザインのベースとなるストライプ柄のアンティークシャツを販売したのが始まりです。当時のデザインのまま、長く愛されてきました。1枚着るだけで、何気ないおしゃれ感が出るアイテムです。

流行にとらわれないデザインなので、着まわしも抜群。シャツとして1枚で着るのはもちろん、サロペットやジャンパースカートのインナーにしたり、前を開けて夏のアウター代わりにも。身体のラインを拾わないのも、安心できるポイントですね。

今回はメンズスタッフの声も集めてみました。長めの袖丈と着丈や、ピタッとしないボリューム感が好評で、幅の太いパンツと細いパンツのどちらにも合わせやすく、横から見てもすっきりとみえるところもポイントのようでした。秋冬には、上にカーデやジャケットを羽織ったりと、1年通して愛用しているとのこと。また、ユニセックスなので奥さんと兼用で着ているというスタッフも。男女ともに、体型を選ばず着られて、不思議と様になるところが人気の秘密でした。

色違いや形違いで集めたくなるというお客様の声も多い定番アイテム。少しずつワードローブにプラスしていっていただけると嬉しいです。

この記事でご紹介したアイテムは以下のリンクよりご購入いただけます。

& 12 Linen(フライス) フリルプルオーバー-2020ss-

& 12 Linen(フライス)フリルプルオーバー -standard-

& 12 Linen(フライス) 半袖フリルプルオーバー -standard-

& 12 Linen(フライス) フリルタンクトップ

KL Light タンクトップ-2020ss-(Ladies’&Men’s)

KL Light タンクトップ -standard-

KL Light 長袖Tシャツ (Ladies’ & Men’s)

KL Heritage 60 レイヤードワンピース

Baby Cotton レイヤードワンピース

ライトリネンツイル 定番ペンギンパンツ

KL Heritage 60 チュニックシャツ (Unisex)

KL Heritage 60 チュニックシャツ -墨染め-(Unisex)