fbpx

NEWS
2020.10.23 UPDATE |

マスク生活に取り入れたい、イヤーカフとカーブピアス。

今春に発売され、大変ご好評をいただきました「イヤーカフ」と「カーブピアス」が、新作と共に再入荷しました。耳元のおしゃれの幅が広がるおすすめのアクセサリーです。

マスクをつけることが当たり前になった今、耳元のおしゃれを楽しみづらくなった方も多いのではないでしょうか。そんな今の時代におすすめなのが、ここ数年で目にすることも多くなったイヤーカフ。イヤーカフはマスクの紐に干渉しにくく、耳への負担も少ないので、これからますますアクセサリーの定番として活躍していきそうな気配です。

ピアスホールがなくてもOK!
簡単につけられるイヤーカフ。

手軽に楽しめるイヤーカフは、ピアスホールがなくても付けられて、長時間付けていても耳が痛くならないのが人気の秘密です。また、お手持ちのピアスやイヤリングとの重ね付けもしやすいので、いつもとは違ったニュアンスを出したい時にもおすすめです。

付け方は、耳を少し引っ張りながら、耳の際からスッと滑らせるように付けるだけなのでとても簡単。「すぐに取れちゃうのでは?」と思われるかもしれませんが、耳に引っかかるようにデザインされているので、安心してお使いいただけます。

デイリーにもオケージョンにも。
パールと真鍮の組み合わせ。

今シーズンは、綺麗な球体の淡水パールと、無骨な真鍮の組み合わせの新作が仲間入り。アクセサリーでは、パールとゴールドカラーの組み合わせはベーシックですが、ヴラスブラムでは、ベースの真鍮にあえてヤスリ目を残すことで、パールを組み合わせてもカチッとしすぎない印象に仕上げました。デイリーからオケージョンシーンまで幅広く活躍してくれるアイテムです。

Pearl Ear Cuff

1粒の淡水パールが印象的なイヤーカフ。凛としたイメージのあるパールと、真鍮のラフなフォルムとの対比が、新鮮な印象を与えてくれます。

Three Pearls Ear Cuff

続いてこちらは、オーバル型の真鍮パーツの片側に淡水パールを3粒付けたイヤーカフ。儚げな小粒のパールを並べることで、繊細な美しさを生み出しました。

重ね付けにも重宝する
シンプルなイヤーカフ。

Plane Ear Cuff

プレーンなデザインの新作も登場。小ぶりでシンプルなデザインは、さり気なくプラスするのにピッタリなアイテムです。色違いの2つを重ねてつけるのもおすすめ。艶のないマットなシルバーカラーは、ゴールドのイヤーカフと一緒につけると、ほどよいアクセントになってくれます。

そして、先シーズン完売していたアイテムも新色を加えて再入荷しました。

天然石と真鍮の組み合わせに、
淡水パールのグレーが登場。

Stone Ear Cuff (淡水パール2色/ハーキマーダイヤモンド)

天然石に真鍮を通して作られたイヤーカフ。今シーズンより、新色として淡水パールのグレーが加わりました。淡水パールのコロンとしたフォルムと、落ち着きのある真鍮の組み合わせによって、上品なニュアンスに。ハーキマーダイヤモンドは職人さんが1点1点バランスを見ながら原石をラフにカットしています。どちらも主張しすぎない色味で、どんなお洋服にもすっきり馴染みます。

耳元のおしゃれの幅を広げる、
シンプルな真鍮の味わい。

Single Ear Cuff

すっきりとシンプルに仕上げたイヤーカフ。真鍮の味わいをそのままに、3本のラインを入れてリズミカルなニュアンスを加えました。新作の「Plane Ear Cuff」同様に重ね付けにも重宝するアイテム。天然石のついたイヤーカフや、次にご紹介するカーブピアスとも相性抜群。お手持ちのピアスやイヤリングとも合わせやすいので、耳元のおしゃれの幅を広げてくれるアイテムです。

イヤーカフとも相性抜群。
ちょっぴり大胆なカーブピアス。

次にご紹介するのは、イヤーカフと相性の良いカーブピアス。大胆なカーブが耳を包み込み、まるで大きめのイヤーカフを付けているようなデザインになっています。アーティスティックな印象を演出してくれそうです。

Curve ピアス

真鍮の味わいを大切にしながら、3本のラインを入れてリズミカルなニュアンスを加えました。付け心地は普段のピアスと同じなので、安心して付けていただけるのもポイントです。

End Stone Curve ピアス(淡水パール2色/ハーキマーダイヤモンド)
Middle Stone Curveピアス(淡水パール2色/ハーキマーダイヤモンド)

カーブピアスの先端に天然石を配した「End Stone Curve ピアス」と、今回新しく加わったのが、カーブの真ん中に天然石を配した「Middle Stone Curve ピアス」。イヤーカフと同じく、新色にグレーを加えた3種類をご用意していて、天然石がさり気ないアクセントになっています。髪の毛を耳にかけて、イヤーアクセサリーを見せたくなりますよね。

耳元の印象が重くならない、
重ね付けのポイント。

耳元のアクセサリーの重ね付けは、ネックレスやリングに比べると、ちょっと難しさがありますよね。ピアスはホールの数に限りがありますし、イヤリングは重ね付けにはちょっと不向き・・・。そこでヴラスブラムでは先シーズンより「イヤーカフ」と「カーブピアス」を組み合わせて、個性的な重ね付けスタイルの提案をしています。

重ね付けしても、耳元の印象が重くならないようにするコツは、素材を統一したり、シンプルなデザインのものを必ず1つは取り入れること。

片耳にピアスホールが2つある方はカーブピアスを重ねたり、カーブピアスとイヤーカフを重ね付けしたり、天然石の組み合わせを変えてみたり、左右のデザインを変えてみたり……。自分好みの組み合わせを見つけるのも楽しいですよね。

ピアスともイヤリングとも違う魅力のあるイヤーカフ。シンプルなデザインのものを1つつけるだけでも印象がかわりますので、ぜひ気軽にお試しいただければと思います。

*イヤーカフ、カーブピアスシリーズは全てシングルで、片耳ずつの販売となります。

こちらでご紹介した『イヤーカフ』と『カーブピアス』のシリーズは、以下のリンクからご購入いただけます。

Pearl Ear Cuff

Three Pearls Ear Cuff

Plane Ear Cuff

Stone Ear Cuff

Single Ear Cuff

Curve ピアス

End Stone Curve ピアス

Middle Stone Curveピアス