NEWS
2019.09.27 UPDATE |

モデルのkazumiさんと一緒に作る、ずっと大切に着たいリネン服。

10月4日(金)から、モデルのkazumiさんとのコラボレーションアイテムの販売がスタートします。

プライベートでもVlas Blommeの洋服を愛用してくださっているkazumiさん。昨年の11月に出版された著書『普段のおしゃれの作り方』(宝島社)では、「愛すべき10のブランド」としてVlas Blommeを取り上げてくださいました。

kazumiさんが大切にするのは、
長く着られる、上質なアイテム。

今回は、2017年に雑誌『リンネル』の企画でカシュクールワンピースを一緒に作って以来、約2年ぶりのコラボレーションです。日常で着るスタンダードなアイテムは、長く着られる上質なアイテムを選ぶことを大切にしているkazumiさん。Vlas Blommeでも、ブランド設立当初から同じフィロソフィーを持って生地開発や商品開発を行ってきました。そのため、「長く大切に着られる、上質で快適なアイテム」を開発できればと思い、コラボ企画がスタートしました。

今回のテーマは「ずっと大切に着たいリネン服」。kazumiさんと相談しながら、通年で着られるワンピース、インナーに着るブラウス、真鍮のヘアアクセサリーの3アイテムを作ることが決定しました。

ライトなアウターとしても活躍する、
シーズンレスなワンピース。

ワンピースとブラウスの素材は、もちろんリネン100%。暑さが残る時期は涼しく、少し肌寒いときは空気を含んで保温してくれるのがリネンの特徴です。また、着るたび、洗うたびに柔らかく肌に馴染み、生地を育てていく楽しみがあります。

「長く使えるのはもちろん、オールシーズン使える生地の厚みがいいですね」「軽く羽織るアウターとしても使えるワンピースだとコーディネートの幅が広がりそう」「ポケットがあるとやっぱり便利!」「2色展開ならベーシックなネイビーと、顔の表情が明るく見える綺麗なグリーンはどうでしょう?」と、たくさんのアイデアをいただきながら、ワンピースのデザインが決定。打ち合わせでは、kazumiさんご自身の好みとともに、着る人にとってどんな要素が喜ばれるのかを真剣に考えている様子が印象的でした。

大人の女性らしさを演出する、
白とブルー・チェックのブラウス。

ブラウスは、ベーシックな無地の白とブルーのチェック生地をセレクト。首元にはレースをさりげなくあしらい、袖にはリブをつけて、大人の女性らしさを表現。裾には紐を通してニュアンスを変えられるデザインに仕上がりました。

「女性らしさがあって、でも甘くなりすぎないデザインがいいなと思いました。ベーシックな白はコーディネートに合わせやすいし、ブルーのチェックは秋冬だけでなく春夏にも着られていいですよね」とkazumiさん。

コーディネートに取り入れやすい、
真鍮のヘアアクセサリー。

コーディネートに小物を取り入れてバランスを整えるのもkazumiさんのスタイル。今回、アクセサリーのコラボレーションもご提案したところ、真鍮のヘアアクセサリーを作ることになりました。

「ピアスやネックレスは好みが分かれますが、ヘアアクセサリーだといろんなコーディネートに取り入れやすいですよね。真鍮の素材感をいかしながら、レジンのしずくを散りばめて、さりげない装飾を加えてもらいました」とkazumiさん。

髪を束ねるヘアゴムにつけたり、コートの襟元につけてアクセントにすることができるので、とても使い勝手がよく、お洒落の幅を広げてくれそうです。

10月4日(金)には、今回のコラボ商品をkazumiさんが着たスタイリング写真を公開予定です。ぜひ、楽しみにしていてください。