NEWS
2019.08.30 UPDATE |

メンズスタッフの愛用品。開発にこだわった3アイテム。

Vlas Blommeの創設メンバーであり、国際リネン協会からリネン・エヴァンジェリストとしても認められている、メンズスタッフが愛用するアイテムをご紹介します。商品開発のバックストーリーとともに、ご覧ください。

柔らかくて、コシのある生地感。
リネン×オーガニックコットンの魅力。

&12リネンTシャツ

ベルギーの紡績工場を営む会社〈Jos Vanneste社〉を訪れるたびに気になっていたのがGifted Fiber(ギフテッドファイバー)です。これは現地の人から聞いた名称で、高品質なフラックスをコーミングする際に出る「落ち綿(ショートファイバー)」のこと。けっして品質が悪いわけではありません。Gifted Fiberとは、「自然の恵みとして全て大切に使いたい」といった意味のようです。つまりもったいない精神。その考え方に共感したため、ブランドとしても何かリサイクルできないかと数年に渡って思案してきました。

通常、Gifted Fiberは紙幣やたばこの紙などの製紙用として、または車の緩衝材や家具などの資材に使う原料として、他の素材とミックスして活用されます。「Vlas Blommeでも他の素材とミックスして何か新しいオリジナル素材が作れないだろうか?」「ショートファイバーと同じような繊維長で、やわらかく弾力性があるオーガニックコットンとミックスしてはどうだろう?」「それぞれのいいところを生かす適切な配合でオリジナル性の高い素材が作れないか?」。このような流れで、「& 12 Linen」の構想は固まっていきました。

*フラックス:リネンの原料である植物の名前。
*コーミング:フラックスを糸にするための工程のひとつで、梳(くしけず)る作業。

日本の工場の技術とともに、
最高の心地よさを求めて。

リネンはコットンなどの他の原料と違って湿式の紡績設備で糸を紡ぐ必要があるため、日本では紡績できる工場が限られます。しかし、リネンとコットンをミックスする場合は、日本に多く存在する綿紡設備(乾式)でいける。つまり、日本でオリジナルの糸を紡ぐことができるのです。落ち綿の中でも最も品質の良い「Diamond」と呼ばれるファイバーを取り寄せて、世界のあらゆるオーガニックコットンを紡績することで有名な和歌山県の大正紡績に依頼することにしました。

開発では、オーガニックコットンの良さを最大限に生かしながら、強度と機能性のあるリネンを上手く組み合わせることが課題でした。リネン比率を30%から徐々に減量して何度もテストを繰り返し、最終的に12%の配合に決まりました。オーガニックコットン88%、リネン12%、これがブランドとして目指していた「柔らかさがあり、少しコシのある生地感」だったのです。こうして、Vlas Blommeが誇りを持って提案する、リネンとオーガニックコットンの混紡糸「& 12 Linen」が完成したのです。

*「Diamond」:Jos Vanneste社がファイバーの品質に合わせて付けた名称。

その「& 12 Linen」の糸を使って作ったのが「& 12 Linen」Tシャツ。オーガニックコットン100%で作ったTシャツよりも、少ししっかり感があり、リネンの吸水速乾性を兼ね備えた、優れもののTシャツです。スタイルはあくまでベーシックスタンダード。男女問わずVlas Blommeならではの素材感を楽しめる1枚です。

高品質フラックスだからできる、
リネンの特性を上手に生かした染色。

ムラ染めヨークシャツ

このムラ染めヨークシャツの生地に使用する糸はコルトレイクリネンの糸の中でも最も安定感のある番手、KL Heritage 60を使用しています。紡績の段階では糸の番手に合わせて適切な品質のフラックスを選択しますが、Vlas Blommeが使っているコルトレイクリネンでは、通常よりもやや品質が高い原料を使用しています。これは、シャツ地として使用するだけでなく、比較的広範囲に使用することを目的として開発しているためです。

実際に、機織りの段階や染色加工などで糸に過度の負担がかかるため、最終製品の仕上がりを考えると、元になる原料の品質がとても重要になってくるのです。このアイテムのムラ染めは、糸にあるフシや糸の太さがイレギュラーなリネン糸の特性を上手く生かした染色方法で、生地表面に洗いざらしの凹凸感が心地よい表情を与えてくれます。また、仕上げ段階で揉みこみ洗いを行っているため、肌触りもとても良い仕上がりになりました。

しなやかさや弾力性、美しい光沢感。
自分だけの1枚に育てていく。

生地のしなやかさや弾力性、そして光沢感などを楽しんでいただけます。また、洗えば洗うほどさらに生地が柔らかくなり、着る人のオリジナルの個性が光るアイテムとして、着用いただくことができます。Vlas Blommeでは、ユニセックスで着ることができる人気アイテムのひとつです。男性でも、首回りをすっきり見せるロングシャツとして、または、前を開けることで、軽く羽織るシャツジャケットとして、デイリーに活用いただけます。

開発に7年を費やした、
自慢の逸品、リネンソックス。


パイルソックス ショート

「リネン素材の良さを肌で感じてもらうために最も適したアイテムは何か?」。Vlas Blommeを設立して、最初に挑戦したのはTシャツなどのインナーアイテムでした。そして次に考えたのがソックスです。

ブランドをスタートした当初から、数年に渡って数種類のソックスを作ってきました。初期段階で通常のソックス編み機では上手く編めないことがわかり、まずは手編みで挑戦しました。なんとか製品化までこぎつけたのですが、伸縮性がないリネンの特性上、リネン100%で作ったソックスは伸びたら伸びっぱなし。それでも、当時、他社で見ることのなかったリネン100%のソックスは、とても履き心地が良いものでした。足首のリブのところにゴムを入れてずれないようにしても、洗うとリブのゴムが編地から外にビロビロに出てきてしまう。糸の番手を変えながら試行錯誤を繰り返すこと、およそ7年。リネンを100%感じてもらえて、洗っても型が崩れない糸の開発がカギでした。

履き心地にこだわって、
内側はパイル編みを採用。

伸縮性のある糸をコアヤーン(芯になる糸)にして、それにリネン糸を巻き付ける、まったく新しい糸を開発し、遂に理想のソックスが完成しました。さらに、履き心地を最大限に高めるため、足裏に接するソックスの内側の面をタオル生地のようなパイル編みにしています。

夏の暑いときはもちろん、オールシーズン履くことができる優れもので、自慢の逸品です。

*ソックスは、パイル編みの特性上、ソックス内で起こる摩擦によって、リネン特有の細かい毛羽が出る場合がありますが、その点はリネンの特性としてご理解ください

>今回ご紹介したアイテムは以下のリンクからご購入いただけます。

& Twelve Linen(天竺)半袖Tシャツ -standard-(Ladies’ & Men’s)

& 12 Linen(天竺) 半袖Tシャツ -2019ss-(Ladies’ & Men’s)

KL Heritage 60(ムラ染め) VBヨークシャツ(Ladies’ & Men’s)

Linenパイルソックス ショート(Ladies’ & Men’s)

>コーディネートに合わせているおすすめアイテム。

KL Denim(リネンデニム) 5PKパンツ(Ladies’ & Men’s)

& 12 Linen(天竺) 長袖Tシャツ -2019ss-(Ladies’ & Men’s)

Wither Linen(中白フラットリネン) サルエルパンツ(Ladies’ & Men’s)