OUR STORY
02

おしゃれの幅が広がる、チュニックシャツとセットアップ。

いつものワードローブに新たな1枚を加えると、今まで持っていたアイテム全て生かされて、急におしゃれが楽しくなることがあります。Vlas Blommeのチュニックシャツや、セットアップはきっとそんな風を起こしてくれるはずです。

Vlas Blommeの10年以上の定番、チュニックシャツは、1枚で着ても、上にセーターを着て裾だけ出しても。男性にも女性にも愛用者が多く、同じシャツを着ても、それぞれが全く違う雰囲気になるから不思議です。リネンのパンツとジャケットのセットアップは、学校の行事やちょっと改まった席にも。「場」に適したおしゃれでありながら、自分らしさも失いたくない。そんな人におすすめです。

ロングシャツなのに軽やか。
コーディネートの幅を広げてくれそう

リネンのロングシャツといえば、ナチュラルなイメージになりがちですが、これは上質なコルトレイクリネンならではのツヤ感で、モダンに着こなすことができます。レースのショールなどを重ねると、コンサートや友人との会食などでドレスアップすることも。逆に、普段着にバサっと羽織るだけでもサマになるのも嬉しいところ。夏の羽織ものとしても大活躍してくれるはず。白いチュニックはあえて赤いインナーを合わせて透け感を楽しんで。脇が大きくえぐられて裾がラウンドしているので、ワイドパンツと合わせても重たくなりぎず、軽やか気分で出かけられそうです。

スタンダートシャツとは一味違う
新しいスタイルに挑戦

チュニックシャツは女性のものと思われがちですが、男性が着ても、すんなりフィットしてスタンダードシャツとは一味違うかっこよさに。ネイビーは、麻のパンツにさらりと合わせて。フラックスは、インナーにちょっと濃い目の色のTシャツをプラスして。1枚でさらりと着てもよし、ジャケットや薄手のセーターを重ねて、裾の出る分量を変えると、ガラリと印象が変化するのでぜひチャレンジしてみてください。いつものワードローブに1枚加えると、新しい自分を発見できるかもしれません。

きちんとした席にも
手持ちのアイテムに合わせてカジュアルにも

ナチュラルな素材の服が好きだけれど、入学式や授業参観、ちょっとした食事会など、きちんとしたい時に着ていく服がない……という声をよく聞きます。とは言っても、いきなりカチッとしたスーツを着るのはちょっと……。そんな人にお薦めなのがリネンのセットアップです。肉厚すぎず、薄すぎない絶妙な厚みのリネンは、ジャケットを着ても硬い印象になりすぎないのがいいところ。普段着ているアイテムと組み合わせて、カジュアルダウンすることもできます。グレイッシュフラックスは春先にぴったりの色。ヴィンテージのバッグや靴など小物で「きちんと感」の度合いを調節するのもいいかもしれません。

インナーや靴、バッグによって
オケージョンに合わせた装いを

モカのジャケットの下に白のTシャツを合わせてカジュアルダウン。白を合わせると柔らかなモカの色が引き立って、控えめなのにグンとセンスが引き立つよう。このままちょっとした打ち合わせにも行けそうです。グレイッシュフラックスのジャケットには、ストライプのシャツ合わせ、グリーンのバッグを挿し色に。袖をグンとロールアップして手首を出すと軽快な印象になります。同じセットアップが、ヒールを履けばパーティー仕様に、素足でスニーカーを合わせれば普段の仕事着に、とガラリと変身する……。そんなおしゃれの幅広さが魅力です。

春は仕事先が変わったり、新たなライフスタイルが始まったりと、変化の時期です。まだ見ぬ扉が開く時に、自分らしい洋服があれば、胸を張って歩き出せそう。リネンのセットアップは、仕事にも着ていけるし、週末に子供と一緒に遊びにも行ける……。ワードローブにワンセット加えたら、「場」と「目的」と、どう過ごしたいかという「気持ち」の掛け算で、自分だけのおしゃれを組み立てることができるはずです。

(TEXT:NORIKO ICHIDA、EDIT:HITOSHI MATSUO、PHOTO:KOZUE HANADA)

ーこの記事でご紹介したアイテムは以下のリンクからご購入いただけます。

KL Heritage 60 チュニックシャツ (Unisex)

Work Linen ワークジャケット(Ladies’ & Men’s)

Work Linen ワンタックテーパードパンツ(Ladies’ & Men’s)

Work Linen ワークロングスカート