fbpx

NEWS
2022.03.25 UPDATE |

落ち着きある、鮮やかな色合い。 環境にも優しいボタニカルダイ。

風景が少しずつ色づき始め、なんだか心躍る春らしいこの頃。今回の記事では、春の自然にとけこむようなカラーリングが魅力的な『Botanical Dye』シリーズをご紹介いたします。

大人に似合う上品な春色、
ボタニカルダイシリーズ。

ボタニカルダイとは、植物の花、葉、茎、樹皮、果皮、鉱物から特殊技術で作った染料を使用した染色方法です。少量の安全な化学染料をプラスすることで、従来の草木染では難しかった、鮮やかな色合いが実現し、色褪せもしにくくなっています。また、媒染剤を使わず、染色の時に利用するマイナスイオンによって、染め終わった後の水が透明に近い状態になるので、環境負荷もとても少ない染色方法なんです。

実は植物は見える色はひとつでも、その中には何百もの色素を含んでいます。そこに自然の光が乱反射して、さらに色に深みが増すんです。ボタニカルダイのカラーに独特な奥行き感がでる秘密ですね。

今回はリネン100%のさらりとした平織生地と、コットンリネンのカットソーの2種類を染色し、春に似合うシリーズが仕上がりました。

さらりと心地よい、
リネン100%の平織。

平織生地は、細番手リネン糸を使用し、軽さと耐久性を調節したリネンボイル生地です。柔らかさと肌触りが気持ちのいい素材でお作りしたのが、毎シーズン人気のカフタンロングシャツと新型の2Wayブラウス。そして今回特別に、定番素材『KL Heritage 60』にボタニカルダイを施した直営店限定販売のレイヤードワンピースもご用意しました。

春らしい、軽やかなデザイン。
直営店限定アイテムにも注目。

Light Linen × Botanical Dyeカフタンロングシャツ

真四角の胸ポケットや、両サイドのポケットの袋布がスリットからチラリと覗くところなど、ヴラスブラムらしいこだわりがちりばめられた人気のデザイン。袖は長めなので、くるくるロールアップしたり、袖口のボタンホールと袖に付いたボタンを留めて着用していただけます。

Light Linen × Botanical Dye 2Way ブラウス

前後どちらでも着用できる2Way仕様のブラウスです。スタンドカラーから若干ギャザーを寄せ、身幅もゆったりとして軽い着心地。袖はドロップショルダーで、袖口のボタンを外して軽やかさを出すのも◎

【直営店限定】 KL Heritage 60 × Botanical Dye レイヤードワンピース

ワンピースのインナーなど重ね着に重宝するロングセラーアイテム『KL Heritage 60 レイヤードワンピース』のボタニカルダイバージョンです。こちらは、直営店限定販売となります。同じボタニカルダイシリーズのカフタンシャツやブラウスとの重ね着もおすすめの1着です。

植物から生まれる、
ニュアンスのあるカラー。

【アイボリー(color no.30)】

「クローバー」の葉から色素を抽出しました。アイボリーの中にうっすらイエローグリーンを感じるカラーです。

【ウォーターブルー(color no.62)】

春から夏にかけて咲く「アイリス」の花。ほのかな紫みのある白っぽいブルーに染まりました。

【グリーン(color no.75)】

若干青みがかった深すぎないグリーンは「マルベリー」(桑の実)から。リネン特有の光沢と相まって絶妙なカラーになりました。

ブランドのアイコンカットソーも、
ボタニカルダイで新登場。

続いては、インナーとしても活躍するカットソー。

もう1種類は、コルトレイクリネン12%×オーガニックコットン88%をブレンドした『& 12 Linen』素材のフリルカラーカットソー。フライス編みで伸縮性があり着心地抜群です。希少なオーガニックコットンと上質なコルトレイクリネン、それぞれの特徴をいかした安定の着心地です。

& 12 Linen(フライス)× Botanical Dye フリルプルオーバー
& 12 Linen(フライス)× Botanical Dye フリルタンクトップ

定番の長袖とタンクトップにカラーをのせました。ラウンドネックにフリル衿をプラスしたカットソーです。裾やフリルは裁ちきり仕様で、重ね着してもラインがひびきにくくなっています。ジャケットやブラウス、ワンピースのインナーに、活躍する人気のデザインです。

春コーデの差し色には、
優しい春色を取り入れて。

【サクラピンク(color no.43)】

春を感じる「桜」の枝先の色素。甘いピンクというよりも、“落ち着いた淡い桜色”が似合う大人のカラーです。

【ヨモギグリーン(color no.74)】

「ヨモギ」の葉からは、ほんの少し白みのある黄緑系のグリーンに。ヨモギと聞くと草餅が浮かんでしまいますが、自然の奥行きを感じるカラーです。

【マロウグレー(color no.82)】

若干白みがかったグレーは「タチアオイ」の花から。カジュアルになりすぎないマットなグレーで、柔らかさとシックさをあわせもったカラーです。

自然の光景に馴染むカラーリングのボタニカルダイシリーズ、いかがでしたでしょうか。植物のカラーを纏って、春のコーディネートをぜひ楽しんでください。

こちらでご紹介した『Botanical Dye』シリーズは以下のリンクからお買い求めいただけます。

Light Linen × Botanical Dye カフタンロングシャツ

Light Linen × Botanical Dye 2Way ブラウス

【直営店限定】 KL Heritage 60 × Botanical Dye レイヤードワンピース

& 12 Linen(フライス)× Botanical Dye フリルプルオーバー

& 12 Linen(フライス)× Botanical Dye フリルタンクトップ