NEWS
2020.09.25 UPDATE |

冬が待ち遠しくなる、上質ニット「Chess」シリーズ。

少しずつ秋の気配を感じられるようになってきました。これからの季節に外せないのがニットアイテム。今回ご紹介する「Chess」シリーズは、オーストラリア産メリノ種の中でも、特に上質な原料を採毛する産地にこだわって選別されたウール100%のニットです。とても軽くてあたたかいのが魅力です。柔らかな色味の3色展開で、お手持ちのリネンアイテムとも合わせやすいトーンになっています。

上質なウール100%のタッチ、
デイリーに使えるカラーリング。

とにかく繊維が細くて、なめらかなタッチが特徴のニット。繊維の細さは17.5~18.5マイクロンを選んでいます。人間の髪の毛が70~80マイクロン、カシミヤが14~16マイクロンと言われていますので、とても細いことが分かりますよね。

このように細い原料を糸にするには高い紡績技術が必要で、ふくらみ感、ぬめり感、ソフト感の要素をバランスよくブレンドしています。カラーはブラック、モカベージュ、グレーの3色展開です。デイリーにたくさん着ていただけるよう、リネンと合わせやすく、使いやすい色味にしました。

編地には、柔らかなフェイスの“天竺編み”と、凹凸感があり、ほんの少し厚みのある“かのこ編み”の2種類があって、アイテムによって編み分けています。それでは早速アイテムをご紹介していきます。

一枚でスタイリングが決まる、
アシンメトリーカラーのチュニック。

Chess アシンメトリーチュニック

衿がアシンメトリーなデザインのチュニックです。リラックス感がありますが、だらしなく見えないのは、アシンメトリーの衿がポイント。首元のさりげないアクセントは、控えめな華やかさを演出してくれます。編地は柔らかなフェイスの“天竺編み”。ウールの上質感と相まって、見た目、着心地ともに、その良さを感じていただけるアイテム。やや長めのチュニック丈ですが、とっても軽いのが嬉しいポイント!シンプルなパンツスタイルがおすすめです。

後ろ姿のシルエットも美しい。
重ね着しやすいケープカーディガン。

Chess ケープカーディガン

これからの季節に重宝する羽織りものとして、2種類のカーディガンもご用意しました。

こちらはゆったりとしたアームで、お手持ちのアイテムとも重ね着しやすいケープカーディガンです。センターバックにはゆるやかなギャザーを取り、後ろ姿もエレガントに。このギャザーのおかげで、背中が広く見えてしまったり、ぼんやりとした印象になるのを防いでいます。アップサイドダウンにしても着られるので、その日のコーディネートに合わせてバランスを変えられるのも嬉しいですよね。編地は“天竺編み”と“かのこ編み”の両方を取り入れているため、1枚で違った編地の表情が楽しめるアイテムです。

プルオーバー、カーディガン、ボレロ。
3wayで着られる、優秀なデザイン。

Chess ボトルネックショートカーデ

こちらはボトルネックで首元まであたたかいショートカーディガンです。3wayで着られるデザインで、活躍の出番が増えること間違いなし。

後ろボタンにしてプルオーバー、前開きでカーディガン、そしてアップサイドダウンでボレロとして着まわせます。ほんの少し短めの着丈なので、ワンピースの上にセーターとして合わせても、重たくなりがちな秋冬のコーディネートを軽やかに演出してくれます。

厚着をせずに、スタイリッシュに。
個性が光るレイヤードアイテム

Chess エプロンジレ

厚着をせずに、あたたかなレイヤードを実現するのが、こちらのエプロンジレです。ホルターネックとウエスト後ろの内側にかけて入っているドローストリングの絞りで、ニュアンスを変えて着られるのが特徴です。「何か物足りないな~」というスタイリングの時にはうってつけ。他にはない、ヴラスブラムらしいユニークなアイテムです。“かのこ編み”でややしっかりとした編地。フロントのVネックのおかげでスッキリとした印象があります。

レイヤードを楽しめるので
秋冬のコーディネートに重宝。

今回ご紹介した4つのニットは、繊維が細く、軽いのが特徴。そのため、重ね着がしやすいアイテムなんです。スタッフがおすすめするスタイリングのアイデアをいくつかご紹介いたします。

同じカラーの異なるデザインのアイテムを重ねたスタイリングです。これも軽いニットだからこそできるコーディネートです。ニットを2枚重ねてもゴワゴワ感や重さがまったくありません。モカはブルー系とも相性が抜群。デニムにも合いそうですね。ブラックのスタイリングは挿し色でのぞかせたバーガンディがポイントでシックな雰囲気に仕上がっています。

続いて、アウター系の下に重ねるコーディネートをご紹介します。

こちらのエプロンジレを使ったコーディネートでは、同系色カラーの濃淡を組み合わせて、スタイリングに奥行き感を持たせています。ホルターネック部分をワンショルダーで肩にかけて、アシンメトリーなコーディネートに仕上げています。

次に、黒いジャケットの下にケープカーディガンを合わせたスタイリングです。ケープカーディガンは袖がないので、アウターの下にも使いやすいアイテムなんです。

どちらもニットベストのように使える優れものです。

薄手のニットは季節の変わり目に温度調節をするのに活躍してくれるアイテム。そして、朝晩の肌寒い時にも、真冬の重ね着アイテムとしても重宝するので、長い期間活躍してくれます。お手持ちのリネンアイテムとも相性抜群なので、ぜひワードローブに一枚加えてみてください。

この記事でご紹介したアイテムは以下のリンクよりご購入いただけます。

Chess アシンメトリーチュニック

Chess ケープカーディガン

Chess ボトルネックショートカーデ

Chess エプロンジレ