NEWS
2020.06.12 UPDATE |

ゆったりだけど、スッキリ見える!大人の女性のためのワンピース。

夏に大活躍するワンピース。ぱさっと被れるAラインのシルエットもいいですが、今年は大人っぽいシルエットのワンピースを取り入れてみてはいかがですか? 

今回ご紹介するのは、ヴィンテージの洋服のように、長く着こんで自分なりの味のあるシルエットになったワンピース。そんなニュアンスのイメージでお作りした、ピンクのチェック柄と、無地のネイビーカラ―の新型ワンピースです。

一見、細身のワンピースなのかな?と思えますが、実際に着てみるとゆったりしていて、けれどもスッキリして見える、細やかに計算されたワンピースなのです。

甘くない大人のピンク・ベージュ。
艶感が美しい、濃色ネイビー。

まず、柔らかなピンクが印象的なのは『Vintage Pink Check』の素材。糸の中心まで染めきらない「中白染め」を施すことで、ペタッとしない奥行き感のある色を表現。落ち着いた雰囲気のある生地に仕上がりました。ドライ感のあるピンク・ベージュをベースに、ブルーやブラウンの糸も使っているため、甘くない大人の着こなしができるチェック柄です。

無地のネイビーは、ヴラスブラムの定番であるコルトレイクリネン100%の平織生地、『KL Heritage 60』を採用。今回のネイビーのような濃色の平織りリネンは、コルトレイクリネンの特徴でもある艶感が特によくわかります。しっかりしているのに柔らかい肌触りで、洗いざらしで着ても、カジュアルになりすぎません。

細部にこだわることで、
スッキリ&ゆったりを実現!!

デザインの印象は、フレンチスリーブの涼しげなワンピース。実は、ウエストは約125cmとゆったりしているのですが、不思議と広がりすぎず、すっきりとしたシルエットになっています。その秘密は、ディテールにこだわっているため。サイドに入れたタックによってフロントの裾が少し上がり、両サイドに広がらないため、コクーンのようなシルエットになるのです。

両脇から後ろにかけては、生地をバイヤス(斜め)使いにし、マチをつけて切り替えています。その切り替えがアクセントになって視線を集めるため、後姿がのっぺりとした印象にならないのが魅力です。このようなデザインは、メリハリをつけながらも体型をうまくカバーしてくれるので、スッキリとしたシルエットを生み出してくれます。

また、無地のネイビー生地では、ウエスト両脇にコットンレースをあしらって、密かなポイントにしました。タックから流れるようなドレープにも上品さが漂います。無地だからこそ、ちょっとしたところにヴラスブラムらしいこだわりを込めました。

上から羽織っても美しいので、
コーディネートがラクになる。

ピンクチェックには、ブルーやブラウンの糸も使われているため、ダークカラーと組み合わせても馴染みがよく、大人なコーディネートが完成します。

また、羽織り物との相性がよいのもポイント。フレンチスリーブの袖は、羽織り物の袖に、生地の「あたり」が出にくいんですよね。また、裾が広がりにくいので、長めの羽織り物を着ても、もたつきません。定番のフリルカラーのカットソーをインナーに合わせたり、パンツやレギンスとの重ね着など、コーディネートの幅も広がりそうですね。

今年の夏は、シンプルながらも凝ったデザインの新型ワンピースをぜひお試しください。

「Vintage Pink Check」と「KL Heritage 60」のシリーズは、今回ご紹介したワンピースの他にもアイテムがございますので、以下のリンクよりぜひご覧ください。

Vintage Pink Check フレンチスリーブワンピース

Vintage Pink Check ノースリブラウス

Vintage Pink Check セーラーカラーチュニック

Vintage Pink Check スカート

KL Heritage 60 ワンピース

KL Heritage 60 ノースリブラウス